あなたの年金A to Z 受給開始年齢と受給見込額

受給開始年齢は、あなたの生年月日や性別によって違います。

公的年金の受給開始年齢は、原則65歳からです。以前は60歳から支給されていた厚生年金は、現在、支給年齢が段階的に引き上げられ、昭和36年4月2日以降生まれの男性、昭和41年4月2日以降生まれの女性は全額、65歳からの支給となっています。右の早見表で、あなたの受給開始年齢を確かめてみましょう。

厚生年金保険の受給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられた制度です。原則として厚生年金の加入期間が1年以上ある場合、60歳から65歳になるまでの間、受け取ることができます。「報酬比例部分」と「定額部分」の2つがあり、生年月日と性別により、受給開始年齢が異なります。

年金の受給開始年齢 早見表

1年以上の共済組合への加入期間がある女性は、早見表の男性の部分と受給開始年齢が同じになります。

受給見込額のチェックは、「ねんきん定期便」で。

公的年金の受給額は、納めた保険料だけでなく、どれくらいの期間、どの年金制度に加入していたかによって変わってきます。年1回、あなたの誕生日月にご自宅に届く「ねんきん定期便」では、この加入記録や受給見込額を確認できます。特に、35歳・45歳・59歳の節目年齢時に封書で送られてくる「ねんきん定期便」には、すべての加入記録が記載されていますので、該当年齢のときには特に注意して内容をチェックしましょう。

  • 国民年金・厚生年金の被保険者に届きます。
  • 節目年齢以外のときはハガキで届きます。
「ねんきん定期便」
あなたの年金の見込額を計算してみましょう

監修

特定社会保険労務士・行政書士

冨樫 晶子

社会保険労務士、行政書士アキ・オフィス代表。2つの社労士事務所勤務を経て、2006年開業。法人の社会保険の事務手続きを中心に、給与計算、年金と給与のシミュレーション、就業規則、労務管理の相談を中心に活躍。著書に『ワーキングマザーの働き方ガイド』(アニモ出版)などがある。また、『50歳からのお金と暮らし』(朝日新聞出版)を監修。年金に関する取材活動も積極的に展開している。


ゆうちょのおすすめの商品はこちら

  • 年金自動受取り
  • ゆうちょときめき倶楽部