あなたの年金A to Z 年金の繰上げ・繰下げ制度

「繰上げ・繰下げ制度」で、受取開始時期を調整できます。

満額の公的年金を受け取れるのは、原則として65歳から。しかし、いつまで働き続けるか、いつから老後資金として年金が必要となるかは、個人差があります。「繰上げ・繰下げ制度」は、そんな実情に対応するための制度です。
例えば、早めに年金が必要な方は、「繰上げ請求」を行うことで、60歳から繰上げて年金を受け取ることも可能です。ただし、この制度を利用して65歳より早く受け取り始めた場合、受給開始年齢に応じての年金額は下表のように減額されます。
一方、健康に自信があり、資金に余裕があれば、「繰下げの申し出」を行うことで、受給開始年齢に応じて、増額された年金を将来にわたって受け取り続けることができます。

繰上げ請求・繰下げの申し出は年金事務所など、公的年金の窓口で条件を確認のうえ、手続きを行いましょう。

繰上げ請求・繰下げの申し出による老齢基礎年金の支給率

  • 詳しくは、年金事務所など、公的年金の窓口でご確認ください。

見込額や加入記録は、「ねんきんネット」で簡単チェック。

日本年金機構 「ねんきんネット」サイトイメージ

日本年金機構のホームページ内にある「ねんきんネット」サービスは、最新の年金見込額や年金加入記録を24時間いつでもチェック可能。※
また、「繰上げ請求・繰下げの申し出」を行った場合、転職・再就職した場合などの条件を設定しながら、将来の年金額をシミュレーションできます。

ねんきんネットで簡単にチェックをする(日本年金機構のサイトを別ウィンドウで開きます)
  • 事前に登録が必要です。
  • スマートフォンにも対応しています。

監修

特定社会保険労務士・行政書士

冨樫 晶子

社会保険労務士、行政書士アキ・オフィス 代表。2つの社労士事務所勤務を経て、2006年開業。法人の社会保険の事務手続きを中心に、給与計算、年金と給与のシミュレーション、就業規則、労務管理の相談を中心に活躍。著書に『ワーキングマザーの働き方ガイド』(アニモ出版)などがある。また、『50歳からのお金と暮らし』(朝日新聞出版)を監修。年金に関する取材活動も積極的に展開している。


ゆうちょのおすすめの商品はこちら

  • 年金自動受取り
  • ゆうちょときめき倶楽部