結婚準備編ハッピーウェディングの道

「結婚」にかかるお金を知っておこう

結婚費用、2人で200万円がひとつの目安

人生にはいろいろなライフイベントがその出番を待っていますが、中でももっとも華やかなものと言えば、やはり「結婚」でしょう。

結婚にかかる費用の具体的な金額ですが、民間企業の調査によると、結納から挙式、披露宴、婚約・結婚指輪、新婚旅行までを含めると、その総額はここ数年の全国平均で430万~450万円といったところです。中でも、挙式・披露宴にかかる費用は350万円近くに達しています。

結納~新婚旅行までの費用総額(全国平均)
総額 結納式の
費用
両家顔合わせの費用 婚約指輪 結婚指輪
(2人分)
挙式、披露宴・披露パーティ 新婚旅行 新婚旅行の
おみやげ
436.2万円 16.0万円 5.7万円 33.1万円 22.6万円 333.7万円 57.9万円 11.4万円
総 額 436.2万円
結納式の費用 16.0万円
両家顔合わせの費用 5.7万円
婚約指輪 33.1万円
結婚指輪(2人分) 22.6万円
挙式、披露宴・披露パーティ 333.7万円
新婚旅行 57.9万円
新婚旅行のおみやげ 11.4万円
  • 各項目はそれぞれ実施した人のみの平均額であるため、総額とは一致しません。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」より抜粋

人生の新たな門出を祝う「結婚」の最大のセレモニーが「挙式・披露宴」ですから、多くのカップルが希望やこだわりを持っていると思います。

結婚式にかかる金額の大きさに驚く人もいるでしょうが、実は挙式・披露宴にかかる費用は双方の両親や親族からの援助、招待客からのご祝儀などで、およそ3分の2はカバーできると言われています。すなわち、自分たちが用意すべきは120万円前後です。新婚旅行なども含めると、まずは200万円が結婚費用のひとつの目安と考えていいでしょう。

挙式、披露宴・披露パーティの地域別総額分布
  平均額 100万円
未満
100万~
200万円未満
200万~
300万円未満
300万~
400万円未満
400万~
500万円未満
500万~
600万円未満
600万円以上
全国 337.7万円 5.8% 10.6% 17.3% 29.6% 23.2% 8.7% 4.8%
首都圏 341.7万円 6.5% 10.6% 16.2% 27.4% 22.4% 9.3% 7.5%
関西圏 316.1万円 5.7% 10.5% 21.9% 29.6% 21.8% 7.8% 2.6%
平均額
  • 全 国

    337.7万円

  • 首都圏

    341.7万円

  • 関西圏

    316.1万円

100万円未満
  • 全 国

    5.8%

  • 首都圏

    6.5%

  • 関西圏

    5.7%

100万~200万円未満
  • 全 国

    10.6%

  • 首都圏

    10.6%

  • 関西圏

    10.5%

200万~300万円未満
  • 全 国

    17.3%

  • 首都圏

    16.2%

  • 関西圏

    21.9%

300万~400万円未満
  • 全 国

    29.6%

  • 首都圏

    27.4%

  • 関西圏

    29.6%

400万~500万円未満
  • 全 国

    23.2%

  • 首都圏

    22.4%

  • 関西圏

    21.8%

500万~600万円未満
  • 全 国

    8.7%

  • 首都圏

    9.3%

  • 関西圏

    7.8%

600万円以上
  • 全 国

    4.8%

  • 首都圏

    7.5%

  • 関西圏

    2.6%

  • 四捨五入での数値のため、合計が必ずしも「100」とは限りません。

「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」より抜粋

新生活費にプラス100万円

しかし、結婚にかかる費用は結婚式や新婚旅行だけではありません。見落としがちなのが、新生活費、すなわち、結婚した二人の生活スタート費用です。

一般的には、まず引越し費用がかかります。結婚を機に新たに部屋を借りるのであれば、敷金や礼金も発生します。さらには、新たに家電や家具の購入資金も必要になるかもしれません。そして、そのために手持ちの貯蓄が底をついてしまっては困ります。そう考えると、少なくとも50万円、できれば100万円近くは別途用意しておく必要があります。

したがって、結婚資金としては、先の結婚式・新婚旅行などの費用200万円と合わせて、300万円が平均的な目標額と言えるでしょう。

目標額を積み立てる、そのキッカケに

しかし、結婚式などの費用はあくまでも平均額から割り出したものです。この金額でなければ、挙式も新婚旅行も実現できないというわけではありません。

たとえば、オンシーズン(3〜6月の梅雨入り前、10〜11月)を避ける、時間帯を遅くする、大安などの日柄にこだわらない、式や披露宴の招待客数を見直すなどでコストは調整できます。確かに、2人にとっては大切なイベントです。しかし、もっとも大事な点は、平均額に振り回されず、自分たちが準備できる範囲を模索することです。当事者同士で話し合い、納得のいく形で行えば良いのです。

また、どういう予算になるにせよ、結婚に向けて貯蓄に励むことはとても重要です。結婚後も人生のイベントは目白押しです。お金が必要な時期は、結婚後に何度もあります。目標額を決め、そのために計画的に積み立てをしていくことをぜひ習慣づけてください。

おすすめ商品・サービス情報はこちら

  • おトクで便利なゆうちょ口座をつくろう はじめての口座開設
  • 半年後からいつでも払い戻しができる 定額貯金
  • 教育、結婚、自動車購入など夢の実現を応援 フリーローン「夢航路」
  • お金を使う時期に合わせて預入期間が選べる 定期貯金

記事監修田辺 南香(たなべ みか)ファイナンシャル・プランナー CFP®

上智大学卒業後、情報出版会社を経て、ファイナンシャル・プランナーに転身。心豊かな生活を実現するお金のコンシェルジュとして、アドバイスや情報発信を行う。主な著書「“未来家計簿”で簡単チェック! 40代から間に合うマネープラン」(日本経済新聞出版社)、「隠すだけ!貯金術」「女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本」(KADOKAWA)。高齢シングル向けの情報サイト「おひとりさまスマイルCafe」を運営。(株)プラチナ・コンシェルジュ 取締役