住宅購入編住宅購入への道

住宅ローンを選ぼう

いよいよ住宅購入の契約! そこで迷うのが、どのローンを選ぶかです。
まず着目するのは金利の水準でしょう。

もちろん、少しでも金利が低いことは重要です。ただし、比較するには、金利のタイプを選んで、同じタイプの中で有利なローンを選ぶ必要があります。そこで今回は、金利のタイプ別に魅力と注意点をご紹介しましょう。

金利タイプは3種類

金利タイプは、「全期間固定型」、「固定金利選択型」、「変動金利型」に大別できます。

「全期間固定型」は、適用される金利が返済期間中ずっと変わらないタイプです。金利は経済状況によって変化しますが、このタイプを選べば、ローンに適用される金利は借り入れた時のまま一定です。このタイプが威力を発揮するのは、現在のような低金利期です。この先、30年や35年といった返済期間中、現在の超低金利が適用され続けるのです。ただし、他のタイプのローンに比べ、借入時点の金利は高く設定されています。

「固定金利選択型」は、借入時から一定期間金利が固定されるローンです。固定期間は3年や5年などで、固定期間終了後は、変動金利か一定期間の固定金利かを選択し、その時点の金利が適用されます。「全期間固定型」に比べて金利水準が低めなこと、中期的な経済動向やライフプランに応じて金利タイプを見直せるのが魅力です。固定期間中は他のタイプへの変更ができないことに注意しましょう。

「変動金利型」は、市場金利に応じて、半年ごとにローン金利が見直されるタイプです。返済額は一般的に5年間変わらず、見直し時の変動幅も最大1.25倍までとなっています。
注意が必要なのは、金利上昇時です。見た目の返済額は変わらなくても、金利がアップする分、返済額に占める利息の割合が増えるので、元金が減るペースが遅くなるのです。 金利が大幅に上昇し、利息額が毎回の返済額を超えてしまうと、「未払利息」が発生することもあります。

  • 変動金利型は、他のタイプに比べて金利が低く、当面の返済額が少なくてすむのが魅力ですが、利用する場合には、金利上昇時の対応策もあわせて検討することが必要です。
住宅ローンの金利タイプ

金利タイプを選ぶポイント

前述のそれぞれの金利タイプの特性を踏まえると、低金利時には「固定金利型」中心、高金利時は「変動金利型」中心で組むのが理にかなった選択といえますが、いつの時点で、どれくらいの金利変動があるかを正確に予測することは誰にもできません。どうしていいか迷う場合は、違うタイプをミックスするのもひとつの方法ですが、金利上昇に対する「リスク許容度」を考慮することも大切です。

金利が上昇し返済額がアップしても、家計に余裕があったり、夫婦で働くことで補てんすることができれば、「変動金利型」や「固定金利選択型」でもなんとか乗り越えることができるかもしれません。しかし、現在のローン返済でも余裕がない場合は、「固定金利型」を中心にしたほうが安心とも言えるでしょう。

いずれにしても、貯蓄がたくさんあれば、頭金を増やして借入額を抑えたり、いざというとき家計の支えにすることも可能です。積み立てなどで、日頃からしっかり貯蓄をしておくことは、様々な場面で人生を助けてくれます。

あなたのマイホームの夢をかなえるためにおすすめの商品はこちら

  • 働き方やライフスタイルに合わせてローンの組み方を多彩に選べる ホームローン「夢舞台」
  • 半年後からいつでも払い戻しができる 定額貯金
  • お金を使う時期までしっかり貯める 定期貯金
  • 手間いらずで着実に貯まる! 自動積立貯金

記事執筆和泉 昭子(いずみ あきこ)生活経済ジャーナリスト/ファイナンシャル・プランナー CFP®

横浜国立大学卒業後、出版社・放送局を経て、フリーのキャスターに転身。 NHKを中心に、ニュース・情報番組を担当。 95年CFP®(ファイナンシャル・プランナー上級資格)取得後、現職へ。現在は、メディア出演や講演活動、個人相談などを通じて、マネー&キャリアの情報を発信中。早稲田大学大学院ファイナンスMBA、(株)プラチナ・コンシェルジュ 代表取締役