基本的な作法は、相手に安心感を与える「合言葉」です。窮屈なイメージを抱いているとしたら大間違い。ビジネスにおいて共通の“お約束”を守ることで疑心暗鬼や警戒心がなくなり、相手と早く打ち解けることができます。

挨拶の作法と、状況に合わせたお辞儀の角度

「挨拶」も、新人にとっては仕事の一部。社会人としての挨拶は、お辞儀とセットで行います。

頭を下げるのは、言葉を言いきってから。

名刺交換の作法と流れ

名刺を差し出す

  • 手渡しやすい距離に立つ。
  • 名刺を両手で差し出し、会社名、部署名、名前を伝える。

名刺を受取る

  • 名刺は、両手で受け取る。同時に、アイコンタクトをする。
  • 名前を確認し、「頂戴します」と言う。読み方が分からないときは、このタイミングで尋ねる。

名刺交換後

  • 相手の名前が覚えられないときは、名刺を机の上に出しておく。
  • 机に直に置かず、名刺入れに重ねると丁寧。

同時交換の場合

まずは、両手で名刺を持ち、相手に差し出す。その後、右手で名刺を渡し、名刺入れを左手で持って、その上で相手の名刺を受け取る。

自己紹介の作法

ビジネスシーンでも自己紹介をする機会があります。とはいえ、就職活動時の自己PRとは別ものです。謙虚で簡潔な自己紹介が好まれます。

  • 明るくハキハキと話しましょう。
  • 相手と出身地や趣味が共通ならば、一言加えても良いでしょう。

飲み会等、社内の人への自己紹介

一緒に働きたいと思ってもらうための、自己紹介にしましょう。しかし、情熱を伝えようと長々と語るのは逆に印象が悪いです。

オススメのネタ 「趣味・特技」「出身地」
あなたの特徴を伝えるとともに、共通項を持つ人に興味を持ってもらえます。
やる気を伝えるとともに、仲間意識を持ってもらえます。

まとめ 「マナー」は大人の味方

知っておきたいお仕事マナーはたくさんありますが、怖がる必要はありません。あらゆる「マナー」は、仕事をスムーズに進め人間関係を円滑にするためにあり、大人にとっての頼もしい味方です。「マナー」と仲良く付き合いましょう。堅苦しそうに思えるかもしれませんが、けっこう楽しいものです。

コラム作者:石原壮一郎(いしはら そういちろう) さん

コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。大人の素晴らしさと奥深さを世に知らしめた。以来、大人をテーマにした著書を次々と発表しつつ、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、ウェブ、ゲーム等あらゆる媒体で活躍し、日本の大人シーンを牽引。近著に『日本人の人生相談』(ワニブックス)等。

マナー監修:岩下 宣子(いわした のりこ) さん

現代礼法研究所 代表
全日本作法会の内田宗輝氏、小笠原流小笠原清信氏のもとでマナーを学び、1985年、現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、商工会議所、公共団体等でマナーの指導、研修、講演と執筆活動を行う。著書に『図解 マナー以前の社会人常識』 (講談社+α文庫)等。

他の記事も見る
新社会人のお仕事マナー Vol.1 身だしなみ
新社会人のお仕事マナー Vol.2 言葉遣い
お願い上手の秘訣は伝え方が9割
入社までに読んでおきたい特選BOOK
社会人のおサイフ事情